台風21号について

(2018年09月05日)

こんにちは。住宅アドバイザーの緒方涼です。

 

昨日台風21号が接近し、愛知県は15時頃から猛烈な風が吹きました。

皆様は大丈夫だったでしょうか?

 

私も昨日は色色なお客様のお宅を回りました。

途中、ご連絡いただいたお客様の家で被害が拡大しないように作業をしていたのですが、”私自身”が飛ばされそうになったくらいの強烈な風が吹きました。

こんな体験は生まれて初めです。

 

他にも

「しまった状態のシャッターがバラバラになってしまった」

「カーポートの屋根が吹き飛んでしまった」

「屋根のカサが吹き飛んでしまった」

「飛来物で外壁タイルが落ちてしまった」

など・・・

現在、修理・応急処置依頼のお電話が殺到しております。

 

また、こういったケースは火災保険で対応可能場合がかなり多いので、

自費修理をしたりする前に保険屋さんに連絡することを強くオススメします。

 

大体の保険屋さんが要求してくるものは

 

・損害がわかる写真(修理前)

・修理の見積もり書

 

である場合が多いです。

お問い合わせする際は証券番号を用意してから連絡しましょう。

 

 

また、保険屋さんとのやり取りも代行した修理の方も承っておりますのでどんな小さなことでもお気軽にご相談くださいね。

 

 

ちなみに現在建築しているモデルハウスやお客様の家は、養生をバッチリ行ったので全くの無傷でした。

台風21号について関連記事