小さなエネルギーで快適に暮らす・パッシブデザインのすまい

「断熱・気密のことはよくわからない・・・」という方でもご安心ください。

緒方建設は特に意識しなくても高断熱・高気密の家が標準です。

パッシブデザインの住まいとは?

緒方建設がつくるパッシブデザインの住まいは、建物の断熱性能を確保したうえで、日射などの自然エネルギー利用と建物そのものの工夫によって、小さなエネルギーで夏は涼しく冬は暖かい心地のよい空間をつくる、高断熱・高気密のすまいです。

間取りや建物周囲の立地状況が同じ条件の家はなく、道路の向き・敷地の大きさ・近隣建物の状況はそれぞれが異なります。

緒方建設では冷暖房エネルギー半減を目標にしつつ、できるだけコストの上がる特殊な工法をつかわず、建物の意匠設計と同時に立地状況を加味した温熱環境のシミュレーションをしながらプランニングをさせていただきます。

断熱性(高断熱)

断熱性能の高い家は省エネ性だけではなく外部気温の影響を受けにくいため、断熱性の低い家と高い家では室温が同じでも壁などの周囲の表面温度に差が出るため体感温度は断熱性能の高い家の方が暖かく感じます。また、部屋間の温度差が小さくなりヒートショックで起きる疾患リスクの低減にもつながります。

緒方建設では建物断熱性能をZEH住宅(ゼロエネルギー住宅)や長期優良住宅の断熱要件「断熱等性能等級5」を上まわる「断熱等性能等級6」(HEAT20・G2)水準※と定め、断熱材の性能が十分発揮できるように丁寧な施工を心掛けています。

※省エネ地域区分6地域での場合です(比較的温暖地) ※プランごとに検討になるため、内容によって変動いたします。※注文住宅の場合です。
日差しのコントロール

冬は太陽の日差しを取り込み日射熱で室内を暖め、夏は庇やシェード等で日差しを遮る工夫をして消費エネルギーを減らす。またサッシやガラスの種類やサイズ、取り付け位置や高さを工夫することでバランスよく日差しをコントロールすることはパッシブデザインで大切な部分です。

これらも間取りや近隣の状況でそれぞれ異なってきますので、緒方建設ではプランニングと共に温熱環境のシミュレーションを行った上でご提案をさせていただきます。

 

全熱交換換気システム(計画換気)

断熱性能と共に大切なのが換気。緒方建設では24時間バランスよく家全体を計画的に換気できて熱ロスが少ないダクト式全熱交換換気システム(第1種換気)を標準搭載。結露によるカビ等の発生を抑制や、虫の進入やPM2.5などの外部からの有害物質を防ぐことができます。また熱ロスが少ないため室温を快適に保ちエアコン等の稼働を少なくすることで省エネにもつながります。

 

断熱・換気とセットで考えるべき気密性能(高気密)

気密性とは簡単言えば家の隙間がどれだけあるかという事。家の性能は断熱性能だけが取り上げられがちですが、高性能な断熱材や換気システムを採用しても建物の気密性がよくないと外の冷たい空気や室内の暖かい空気が隙間から出入りして冷暖房や換気の性能を十分に発揮することが出来ません。緒方建設では高気密住宅の目安である気密性能C値1.0未満(32坪の家で官製はがき約0.7枚分)としています。気密性は計算で確認できないため施工時に必要な処置をおこない、建物ごとに機械で測定が必要です。緒方建設では施工精度を高め断熱材や換気システムの性能を充分に発揮できるように、すべての建物で気密測定を実施して建物の気密性を確認しています。

 小さなエネルギーで快適なくらしは「パッシブデザイン・換気・気密」が三位一体です!

 

デザインも性能もオンリーワンの住まいをめざします!

家づくりは性能とともに、住みやすさやデザインも大切な部分です。

緒方建設は同じ間取りやデザインの家は造りません。また断熱性能の指標である「UA値」が小さな家=省エネな家、とならない事も多くあります。

緒方建設ではヒヤリングを重ねながら建築士がCGによる外観・室内パースを利用した意匠設計と同時に温熱環境のシミュレーションもおこない、わかりやすくご家族一組一組の生活スタイルに合わせたプランニングをおこないます。

家づくりの夢やこだわりをいっぱいお話下さい。

自分だけの理想のお家づくりをお手伝いいたします!