「シンプル&スマート」自由設計の家

シンプル&スマートな家づくり提案。
シンプル&スマート 自由設計の家()
気取らないから自分スタイル。シンプルなほど、暮らしは素敵になります。

“主役は家そのものではなく、そこに住まう人々”

空間もカラーリングもシンプルなほど、
お好みの家具・インテリアが引き立ち、住まう人の個性が際立つもの。
飾らないありのままの自分でいられる。だから、心地いい。
シンプルという個性を主張する自由設計注文住宅です。

特徴

“住む人の感性が生きる、自由設計&フリーデザイン”

“住む人の感性が生きる、
      自由設計&フリーデザイン”

屋根の形や外壁の材質、内装へのこだわり、

広いリビングなど・・・
自由に組み合わせることによって、ご家族だけの

オリジナルデザインが完成。自由設計だからできることです。

“街並と調和しつつも、さりげない個性が光るデザイン”

いくら自由とはいえ、個性を出しすぎると浮いてしまうもの。
シンプルながらもしっかりと街に溶け込み、それでいて個性を出すことを忘れません。

“自由につくり、個性を出しつつも低価格を実現”

自由設計でありながら1,000万円台~の家づくりが可能。
ご予算に合わせたご提案で理想を実現します。

育まれる家族との絆
“くつろぎと心地よさを大切にした、家族みんなのリビング”

育まれる家族との絆

家族と過ごす時間が最も多くなるリビングはどんな生活シーンにもベストマッチ。
家族のだんらんだけでなく、リラックスしたり、ご友人とのホームパーティも。すべてを受け入れる懐の深いコミュニケーションスペースとして大活躍です。

 

“くらしの中心となるキッチン&ダイニング”“くらしの中心となるキッチン&ダイニング”

家族とのコミュニケーションに必要不可欠なキッチン&ダイニング。
だからこそ楽しく機能的な工夫が必要です。
会話を楽しむ対面キッチン、広々使えるオープンキッチン、機能的な独立キッチンなど、テーマと生活スタイルに応じたプランニングがポイント。

寝室は安らぎのプライベートスペース

“寝室は安らぎのプライベートスペース”

一日を終え、そしてまた一日を始める寝室はゆっくりとくつろげるシンプルで落ち着いた空間です。
例えば、ウォークインクローゼットを設置することですっきりと片付けたり、フローリングや照明などのバランスを工夫して心からくつろげる空間を作り出します。

個性を伸ばし、夢を育てる子育て空間

“個性を伸ばし、夢を育てる子育て空間”

大きな可能性を秘めた子どもたちの部屋だからこそシンプルに。
お子様が小さいうちは一部屋、将来は二部屋に間仕切りが容易なスケルトン&インフィルなどもご提案します。

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH(ゼッチ))にも対応
夏涼しく冬暖かい、国が認めた最高クラスの基準をクリア
年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにするすまい

すまいの断熱性や省エネ性能を上げる工夫を凝らし、空調・照明・給湯といった光熱費などの一次エネルギー
消費をおおよそゼロにする、経済的で性能の高い家。それがゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH(ゼッチ))です。

太陽光発電

ゼロエネルギーハウス(ZEH(ゼッチ))はココが優れている!
1.住まいの断熱性を高め使用エネルギーを減らす『断熱性』
2.太陽光発電などでエネルギーを創り出す『創エネ』
3.家で消費する電力量を減らす設備を使用する『省エネ』
4.国が認めた、最高クラス基準を誇る住まい

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH(ゼッチ))の主な工夫(一例)

高気密・高断熱
アルゴンガス入りLow‐e複層ガラス
樹脂サッシ
最新の設備
高効率エアコン エコ換気システム
高効率給湯機 LED照明
自給自足
太陽光発電
蓄電池
HEMS
ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH(ゼッチ))のメリット

1.家計にやさしい

家庭の消費エネルギー収支をおよそゼロに。
太陽光発電による+αの収入も期待できます。

2.高気密・高断熱

夏涼しく冬暖かいの理想が叶うハイレベルな断熱性を確保。
室内の温度差が生じにくく、ヒートショック対策にもなります。

3.環境にやさしくエコ

消費エネルギーの削減と、太陽光発電などの利用でCo2の削減をし、地球温暖化防止に貢献します。

4.資産価値の向上

ZEH対応住宅は10年後、20年後の資産価値保持に有利な「質の高い住宅」です。

5.補助金を利用可能

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用可能です。

6.防災・減災

蓄電池を搭載することで災害時も比較的長時間電気の使用が可能です。

ZEH(ゼッチ)は、国が2030年までに平均的な新築住宅での実現を目指している、まさに“未来の住まい”です。

 

緒方建設では地球環境保護の取り組みとしてゼロエネルギー住宅の普及に積極的に取り組み、2020年度までにZEH(Nearly ZEHを含む)の占める割合を50%以上とすることを目指します【実績報告及び今後の普及率目標】
2017年度  0% (実績)
2018年度 30% (目標)
2019年度 50% (目標)
2020年度 50% (目標)