作るのは「猫ハウス」②

(2018年01月12日)

こんにちは。住民アドバイザーの緒方涼です。

 

さて、今回は前回ご紹介いたしました猫ハウス建築の続きです!

前回は躯体が完成しました。今回は屋根伏からスタートです。

 

まずは屋根に断熱材を敷き詰めていきます。

 

そして敷き詰めが終わったら屋根を伏せていきます。

 

更にルーフィングという屋根材で全体を覆います。

 

 

窓ですがそのままではありません。

全開・半開調節が可能なレバータイプの窓をしっかりと設置します。

 

更にサッシ廻りには防水テープを貼っていきます。

 

 

扉を設置します。

 

 

 

そしてすべてのサッシ廻りに防水テープが張り終わったら次は防水シートです。

最後にポリカーボネート製の波板を外壁代わりに貼って完成です。

 

 

中はこんな感じ。

 

高いところに登りたがる猫の性質に合わせて棚を設置。

お客様の希望で中まで防水シートが貼ってあります。

残念ながら工事直後に撮影したため猫はいません。

 

ちなみに雨どいもバッチリついています。

 

 

 

いかがだったでしょうか?緒方建設はすまいのことなら人間も動物も、あらゆるお仕事を承っております。

今回の猫小屋を応用し、離れや書斎を作ることも可能です。

気になる方はお気軽にお問い合わせください!

作るのは「猫ハウス」②関連記事