大治西條Ⅵ A区画 基礎コンクリート工事②

(2018年01月15日)

こんにちは。住宅アドバイザーの緒方涼です。

 

本日は先日基礎のペースコンクリートを施工した大治西條Ⅵ A区画の、立ち上がり部分のコンクリート工事を行いました。

 

そういえば最近寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

工事現場の大きいバケツの水が凍り付いててこんなことになっていました。

 

名古屋の方の寒さがわかりますね。分厚さが完全にガラス並です・・・・

 

 

それはさておき基礎の話でしたね。

これが以前打ったベースコンクリートに型枠をはめたものです。

カッチカチに固まっています。

 

コンクリート工事に入る前、寸法が合っているか再確認をします。

 

 

全く問題がありませんでした!

 

そして次に、いよいよコンクリートを流していきます!

 

 

入れただけだとこんな感じです。空気もいっぱい入ってなんだか見てくれが悪いですね。

 

 

そんな時に登場するのがコレ!

 

 

バイブレーターと呼ばれる機械です。

 

こちらをコンクリートを流しながら当てていき、振動させて空気を抜いていきます。

 

 

流し込みが終わったら、きれいに整えていきます。

 

 

 

完成形がコチラ。

 

 

とても滑らかになりました!

 

 

次は固まってから型枠を外すのですが、今日流し込んだばかりでまだ固まっていません。

次回にご期待ください。

大治西條Ⅵ A区画 基礎コンクリート工事②関連記事