作るのは「猫ハウス」①

(2018年01月08日)

こんにちは。住宅アドバイザーの緒方涼です。

 

今回からご紹介するのはなんとネコ小屋!

 

猫小屋といえばどういったものをご想像されるでしょうか?

そもそも猫小屋っているの?という方もいると思います。

 

今回作っているのはなんと広さ3帖、木造で人間の住む家と同じ材料で作る贅沢な造りとなっています。

すまいに人間も動物もないのが緒方建設のモットーです(笑)

 

今回ご依頼いただいたお客様は広い敷地にたくさんの猫をお世話されており、以前使っていた小屋が老朽化したため、”新築”のご依頼をいただきました。

 

それでは完成までレポートしていきます。

普通では考えられない大きな猫小屋ができていく様は見ごたえ満載ですよ!

 

 

まずは枠づくり。

壁などはあらかじめ自社の作業場で作成し、現場に持っていきます。

こうすることで現場で組み立てるだけになるので、作業が効率化するのです。

実はこの手法は2×4工法などの住宅建築でも使われております。

 

地面に土台受けを作成。

その上に防草シートを敷き、コンクリートブロックで足を作り土台を載せます。さらにその土台には白アリを防ぐ防蟻材を塗っていきます。

当然、住宅で使用するのと同じものです。弊社の松本がせっせと塗っていきます。

 

そしてさらに随所に杭を打ち、土台をさらに強固なものにしていきます。

 

杭を打ち終わったら順番に床を伏せていきます。

 

すべての床が伏終わりました!

 

次は壁起こし。先ほどの壁を各ポイントに設置し、固定していきます。

 

 

これが躯体です。みるからに大きいのが分かりますね。

 

 

ちなみに中はこんな感じ。

お客様は「私の家よりしっかりしてないか?(笑)」と笑っていらっしゃいました。

 

 

さて、今回はここまで。

次回は屋根を伏せたり、サッシを設置したりさらに形になっていく予定です。

 

ちなみにこの技術を応用して、外に書斎などに使えるプレハブ小屋風の離れを作るのもいいかもしれませんね。

そういった工事も承っておりますので、ぜひお問合せください!

作るのは「猫ハウス」①関連記事