全館空調の家

令和3年春新導入予定!資料請求受付中!!
快適なくらしをデザインする全館空調

匠空調システムとは?

温度ムラを解消し、365日家中が心地よく健康的な空間を作り上げる全館空調システムです。


匠空調の5つの特長

①家中スミズミ快適温度
②風が直撃しないココチよさ
③冬はぽかぽか床暖房
④家の中も・外も見栄えすっきり


1年を通して快適温度に保つ秘密

冬は床下からほんわか暖まる
●床下から暖めるので上下の温度差が少ない
●足元が寒くなりがちなキッチンなども快適に!


夏は天井からひんやり気持ちいい
●梅雨時期もジメジメせず、サラッと過ごせて快眠をサポート!
●冷たい風が直撃しないので冷えすぎず快適!

とくに冬場はヒートショックに注意!

急激な温度差を受けて様々な疾患を
引き起こすヒートショックが急増中

交通事故による死者数は約約3,700人です。
(警察庁 平成29年中の交通事故死者数についてより)
ヒートショックによる死者数は約19,000 人とその5倍にもあたります。
(厚生労働省 研究班の調査 2013年)

実は上下温度差が大きいのです
従来のルームエアコンでも部屋の温度調整が可能です。
しかし、こうやってみてみると床と天井の温度バランスが悪いことがわかります。
これを解消することにより温度ムラのない快適な空間を実現します。

部分暖房の家と匠空調システムで全館暖房の家を比較

※左側は壁掛けエアコンで部分暖房の家、右側は匠空調システムで全館暖房の家になります。

匠空調システム採用の右側は、上下温度差がほとんどありません。

匠空調システム(全館暖房)のお家なら顔だけ暑くて足元が冷えるといったことが起きにくく、温度を一定に保ちやすいのが特徴です。

キッチン設備で温まりにくい足元も、匠空調システムなら快適に!

断熱性能の低い家のキッチンは、足元が冷えて寒く感じやすいですが、匠空調システム(全館暖房)のお家なら足元を25℃で温かく保てます。

ヒートショックの影響を受けやすい脱衣室も寒くない!!

脱衣室はとくに寒暖差が起こりやすくヒートショックの危険性も高まる場所です。
部分暖房の家の脱衣室床温度が16.7℃に対して、匠空調システム(全館暖房)の脱衣室床温度は25℃になっています。
ヒヤっとすることがないので、ゆっくりと着脱やお風呂上がりのタオル拭きも可能ですね。

令和3年春に匠空調システム本格採用予定!
ご興味のある方は資料をお送りいたします